トピックス: 個人法務

相続税の基礎の基礎

個人法務 [関連キーワード:相続]

相続税について、ご存じですか?

どれくらいかかるか心配だ、ものすごく高くて払えなかったりするんじゃないか、と思っていらっしゃいませんか?

ここではそういった不安を持ってる方のため、相続税の基礎をご紹介いたします。

どのくらいの人が相続税を払うの?

相続税は、取得した財産が一定額以下であれば、相続税はかからず、申告の必要はありません。
相続税がかかる人は、4%から5%と言われています。つまり20人に一人いるかいないかです。

なぜでしょうか?

Clip to Evernote
あとで読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

生前贈与って何?

生存する個人が、財産を無償で与える、つまり贈与することを指します。それも特に、将来の相続税対策としてのものをさすことが多いです。

どうして相続税対策になるの?

贈与には年間110万円まで贈与税がかからないという決まりがあり、これを利用するのです。

例えば資産が数億に上り、相続税が発生することが確実に見込まれる人は、早いうちから生前贈与を行うことで、その分については無税となります。相続させたい方が子どもが四人いたとして、一年間に440万の贈与が可能になります。したがって10年続ければ4400万円を相続させたい人に移行できるのです。これは既に子どもたちの財産になるので、相続税も発生しなければ、贈与税も発生しないのです。

Clip to Evernote
あとで読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

上へ