取り扱い業務個人法務

夫婦間トラブル

[関連キーワード:不倫, 離婚, 養育費]

Clip to Evernote
あとで読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

~離婚、不倫、養育費不払いでお悩みの方へ~

一人で悩まず、うさねこ法務に相談してみませんか?
離婚をお考えの方も、配偶者の不倫相手に慰謝料を請求したい方も、また離婚後の養育費が不払いになった方など、一度、うさねこ法務にご相談ください。相談料は無料です。

離婚協議書作成

うさねこ法務はご要望に沿うのはもちろん、プロとして一般の方が見落としがちなポイントをカバーした協議書、公正証書の作成を心がけております。

ご依頼者様が合意した内容だけではなく、法律のプロとしてのご提案等もさせていただきます。また、うさねこ法務では、お二人で公証役場へ出向くことなく公正証書の作成を代行します。当事務所に来所いただく必要もございません。したがって全国どこからでもご依頼いただけます。

こういう気持ちの方には作成を強くおすすめします。

  • 約束を守ってもらいたい
  • 養育費などのことで泣き寝入りしたくない
  • 将来、裁判等でお金や手間暇をかけたくない
離婚時の約束の仕方を比較すると...
口約束 離婚協議書 離婚公正証書
簡便さ
安全性
執行力 無し
費用 無し
将来の出費 中高

離婚協議書などについてのQ&A

離婚協議書は作った方がいいんですか?
はい。作った方がよいです。「一刻も早く別れたい、もうこれ以上もめたくない、だから口約束ですませてしまいたい」。そういうお気持ちはとてもよく分かります。ですが、あなたの未来のためにも書面にするべきです。それもできれば、離婚公正証書をおすすめします。
離婚協議書を作るには何が必要ですか?
ご本人確認のための書類以外には特に必要ございません。なお、ご夫婦での話し合いで決まった内容をまとめた箇条書きの書面などがあると作成がスムーズに進みます。
離婚協議書と離婚公正証書は両方作るものですか?
通常はどちらか一方を作成しますが、離婚公正証書の作成には時間がかかるため、その間、とりあえず合意内容を離婚協議書というかたちで書面にしておくこともあります。
離婚協議書にはどんなことが書かれますか?
主に慰謝料、財産分与、親権・監護権・養育費、面接交渉などの他、合意した内容です。離婚に伴って契約すること(約束すること)以外でも、記載自体は自由です。
自分たちで念書を作成しても有効ですか。
中身によります。法律的に無効になるようなもの、取り消しになるようなものが問題ありません。ただし、離婚公正証書レベルの力を持つものは作れません。
離婚公正証書は高くはないですか?
口約束や離婚協議書に比べれば高いです。例えばうさねこ法務の「離婚公正証書コース」の場合、42,000円+公証人手数料 [1](10,000~25,000円)となり、7万円近くかかります。費用だけでなく手間もかかります。うさねこ法務で手続き代理もできますが、それにはさらに費用もかかります。
ですが、この数万円によって「将来の数十万、あるいはそれ以上の金銭に保険を掛けられる」としたらいかがですか? つまり離婚公正証書があれば、養育費の不払いが起きたとしても、強制的に差し押さえることが可能になるのです。離婚公正証書がなければ、裁判せざるを得なくなります。口約束では、主張するための証拠さえない状態になります。
離婚公正証書は、数万円で手にできる将来への保険なのです。
どうしても気持ちが決まりません。
無理に決める必要はないんです。うさねこ法務は決して離婚を後押ししたいと思っているわけではなく「離婚される場合は上記のことを考えましょう」という立場です。もし気持ちが決められない、どうしても迷いが消えない、そんな場合は下記の「メールし放題コース」をご利用いただくとよいかもしれません。カウンセリング経験もあるうさねこ法務の代表者が親身になってご相談に乗ります。

コース・費用

メールし放題コース
離婚すると決めきっていないお客様や様々な不安を抱いていらっしゃるお客様のためのコースです。初回のみでなく、何度かメールのやりとりをしつつ、ゆっくりと将来の道筋を決めていきたいと思っていらっしゃる場合はぜひこちらをご利用ください。カウンセリング経験もあるうさねこ法務の代表者が親身になってお答えいたします。
  1. 10日間メールし放題コース 4,980円(一日あたり498円)
  2. 20日間メールし放題コース 8,980円(一日あたり449円)
  3. 30日間メールし放題コース 12,980円(一日あたり432.67円)
離婚協議書チェックコース
お客様が作成された離婚協議書の内容をチェックするコースです。
5,000円~
離婚協議書フルサポートコース
お客様のご希望に添って、かつ法律のプロとして必要な点を勘案しつつ、離婚協議書の作成を行います。また、その後のアフターフォロー(三ヶ月間)もさせていただきます。
32,500円~
離婚公正証書フルサポートコース
離婚公正証書を作成するコースです。また、その後のアフターフォロー(三ヶ月間)もさせていただきます。迷われた場合はこちらのコースをお選びください。
42,000円~
(公証人手数料 [1]は別途ご負担いただきます)

不倫相手への警告、または不倫相手および配偶者への慰謝料請求、養育費の不払いへの対策

不倫相手へ不倫をやめるよう警告すること、または慰謝料請求、または元配偶者への養育費を支払い督促の内容証明を作成したい場合は、「内容証明」ページをご覧ください。

【参考】公証人手数料の例

1. 慰謝料200万、養育費(長男10歳、長女8歳)月額2万円、20歳まで
慰謝料と養育費は、別個の法律行為として、それぞれ計算されます。
  • 慰謝料:慰謝料は200万円ですので、別ページ「公証人手数料」の表に当てはめますと7,000円になります。
  • 養育費:養育費は最長10年までで算定されます。
    • 長男は年間24万円が10年間で240万円
    • 長女も年間24万円で10年間(12年だが10年で計算)で240万円
      • 合計480万円を表に当てはめますと11,000円。
  • 用紙代:枚数によって異なりますが2,000円程度。
したがって合計20,000円程度になります。
2. 慰謝料なし、財産分与なし、養育費(子2歳) 養育費 月額2万円、20歳まで。年金分割。
  • 養育費:月額2万円の10年間(年間24万円×10年)で240万円です。11,000円となります。
  • 年金分割:年金分割は金額の算定ができないため、算定不能となり、11,000円になります。
  • 用紙代:2,000円程度と予想。(社会保険事務所提出用が交付される場合は1,000円程度多くなる可能性有り)
したがって、合計24,000円程度になります。

詳細な公証人手数料についてはこちら

上へ