取り扱い業務法人法務

サイト利用規約、プライバシーポリシーなどの作成

[関連キーワード:プライバシーポリシー, 利用規約, 特定商取引法]

Clip to Evernote
あとで読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

うさねこ法務はウェブサイト利用規約[?]プライバシーポリシー[?]の作成を承っております。

御社を何千・何億円というリスクから守り、御社サービスだけのためにカスタマイズした利用規約が24,980円からの大特価です!

もしかして、どこからかコピペした利用規約をお使いではありませんか?

それは非常に危険です。御社のサービスにフィットしないとんちんかんな内容では、巨大なリスクを予防できません。しっかりカスタマイズした利用規約を作り、それをユーザーに同意していただくことで、さまざまな危険から御社自身を守ることができるのです。

利用規約はサイトのための保険です。しかも月々の保険料なしの。

たった数万円の投資で、将来の巨大なリスクを予防すると考えれば、カスタマイズした利用規約を備えることは、保険に入ることに似ています。しかも、一度作れば、大幅なサービス変更などがない限り、ずっと利用できます。サイト運営者として、利用規約をコピペし、穴だらけのものを使うのと、数万円投資して、その穴を塞ぎ、自社にとっても、そしてユーザーにとっても、しっかりした利用規約を作るのと、どちらがよいでしょうか。

利用規約作成作業の流れ

  1. まず、御社サービスの特徴や御社が損害賠償などのリスクについてどのような考えを持っているかについてお伺いします。
    この作業によって、御社サービスにカスタマイズすることが可能になります。
  2. ヒアリングした内容と御社サービスの特徴に基づき、利用規約のドラフトを作成します。
  3. 利用規約のドラフトを確認していただき、さらに細かい点を煮詰めていきます。
  4. ドラフトを修正し、完成版を納品させていただきます。
    業務事例ページで、うさねこ法務が実際に利用規約を作成させていただいた例をご確認できます。
  5. 御社の通常支払いサイトでの入金をお願いいたします。

「明日公開だから、上のようにやってる時間はないよ!」というお客様へ

ご安心下さい。そのような急を要する場合にも、うさねこ法務はしっかり対応させていただきます。詳細は サイト利用規約・プライバシーポリシーなどの特急対応 をご覧下さい。

ウェブサイト利用規約について

ウェブサイト利用規約って何?

ウェブサイト利用規約とは、そのウェブサイトの利用に当たって、入会や退会、等の様々な条件を示すものです。法律でこうしろああしろと決まっているわけではなく、基本的には自由に作成できます。

ウェブサイト利用規約には様々な呼び名があります。

例えば、
「サイトご利用上のご注意、サービスをご利用のみなさまへ、このサイトについて、サイト規約、サイトの利用規約、ウェブサイト利用規約、Webサイト利用規約、サイトの規定、ウェブサイトの利用条件、サイトのご利用にあたって、利用規約、利用上のご注意、サービス利用規約、ご利用規約」
などなど、多岐にわたります

ウェブサイト利用規約は契約なの?

法的な力を持つ契約[?]にしたい場合は「承諾」もしくは「同意」というボタンをユーザーに押してもらえるような仕組みが必要です。目立たない場所、読みそうもない場所にリンクを載せておいても契約とみなされない場合があるのでご注意ください。
※契約については「契約書」をご覧ください。

ウェブサイト利用規約は必要?

法律的にはなくても問題はありません。が、金銭のやりとりが発生するようなサービスをしたり、ユーザの情報を入手することがあったり、その他ユーザーとの間になにがしかのやりとりが発生することが考えられる場合は、できる限り設置することをお勧めします。
なぜならそれによってトラブルを未然に防ぐことができるからです。

プライバシーポリシーについて

プライバシーポリシーって何?

プライバシーポリシーとは、収集した個人情報の扱い方、保護の方法、開示条件、などについてのルールのことです。

プライバシーポリシーにも様々な呼び名があります。

個人情報保護方針[?]、個人情報の取り扱い、等々。

載せる必要がありますか?

個人情報保護法[?]個人情報取扱事業者[?]に指定される者が個人情報[?]を取得した場合、個人情報の利用目的について公表しなければなりません。この「個人情報の利用目的」を含めた様々な条件を述べたものがプライバシーポリシーであり、したがってその公表はその義務の一つと考えてよいでしょう。

個人情報取扱事業者とは何ですか?

個人情報データベース等[?]を事業の用に供している者で、個人情報データベース等を構成する個人情報によって特定される個人の数の合計が、過去6か月以内のいずれの日においても5,000を超える者」をいいます。

ちょっと難しいですね。簡単に言うと、

  • 個人情報を事業に使用していて
  • それが簡単にパソコンなどで検索して使用できて、
  • 過去半年間で
  • データの数が5000を越える

という条件に当てはまる事業者です。

個人情報取扱事業者に当たらないから、プライバシーポリシーは載せなくていいですか?

法律的には問題はありません。ですが、サイトとしての信用を得る上でも、法律的に問題のないプライバシーポリシーを掲載しておくことで、利用者の方の信頼を得やすくなるのではないかと思います。また何かトラブルがあった場合にも、うさねこ法務では、プライバシーポリシーの作成を承っております。IT系文書のページをご覧ください。

ウェブサイト利用規約、プライバシーポリシー、特定商取引法の表記作成のコース

ウェブサイト利用規約作成コース
ウェブサイトの利用規約を作成します。
24,980円~
IT系文書フルサポートパッケージ
ウェブサイト利用規約・プライバシーポリシー・特定商取引法の表記、そしてさらに法律的観点からのコンサルティングの四つをセットにしたパッケージです。
コンサルティングでは、法律上、どのポイントに気をつけてサイトを作成すべきかなどについてアドバイスさせていただきます。
これからネットショップなど、あるいはお店のサイトなどを作ろうとされる方に最適のコースです。
39,800円~
ウェブサイトコンサルティングコース
既存のIT系文書の配置などを中心に、法律的観点からコンサルティングを行います。
8,500円~
プライバシーポリシー作成コース
ウェブサイトのプライバシーポリシーを作成します。
12,980円~
ウェブサイト利用規約更新コース
既に利用されているウェブサイト利用規約を改訂する場合にご利用ください。
12,980円~
特定商取引法の表記作成コース
ネットショップなどで必要となる特定商取引法の表記を作成するコースです。
4,980円~

上へ